物理的な髪の毛のダメージは取り返しがつかないことを身をもって学びました(  ;∀;)泣』
というタイトルがとても良かった件

こんにちは!銀座で一番の感動ヘッドスパとダメージの少なくて色持ちのよい輝きカラーが人気の銀座 美容室Swip(スイップ)の代表濱崎大一でございます。(‐^▽^‐)

数日前の「アミ」の書き込み・・・

上記のタイトルなのですが、

これが、なかなかキーワード的に良かったらしく
アクセスがちょっとだけ上がった

やはり、このテーマ、例えば「ダメージ」とか「痛み」とかで悩んでいる方も多いのすねえ・・・。

もともと私たちSwip(スウィップ)は髪という素材をできるだけ大事にしながらヘアースタイルを「可愛く」

あるいは「きれいに」「カッコよく」させていただくことを大切にしているサロンです。

痛むのが嫌だから「カラー」も「パーマ」もしない!!

というのも私たち的には「ちょっと違う」わけです。

だって、ヘアースタイルって「自分」をできる限り素敵に輝かせるための大切な知恵・・・

やはり、明るくして「髪色」の調整をすると更に輝くんです(輝きカラー)

パーマだって
毛先にカールをつける(なめらかカール)
おハチの上はボリュームを出す(フォルムコントロール)
フェイスラインは軽く動きだけつける(なめらかバング)

ことができる・・・

だからって過度なダメージはNGな訳です(><)・・・

続けたいから・・・。

ちなみに( )内はswipのメニューになっています(^^)

前置き長いですが本題

「物理的なダメージ」についですね?

一般に私たちの業界では
カラー剤、パーマ剤の薬液の働きによるダメージを「化学的なダメージ」

これに対して

「アイロンやブロー時のドライヤーの熱、及び摩擦」「カット時の無茶なハサミの使い方」「パーマ時のロッドを巻く際の余分なテンション」による「物理的なダメージ」の2種類のダメージと向き合っております。

そして髪は化学的なダメージよりも物理的ダメージに対しての方が耐性が弱いと言われています。

お気付きの方もいらっしゃると思いますが、

先の「化学的ダメージ」を防ぐために必要なのは、広く深い「知識」です。

後の「物理的ダメージ」を防ぐために必要なのは「技術力」です。

やはりこの二つの「両輪が」揃って更に愛情こもった「カウンセリング」(笑)

・・・やはり・・・美容師一人 が育つ(育てる)ことってすごいことですね・・・

この価値はSwip(スウィップ)の大切な財産ですね。

銀座美容室Swip(スウィップ)のだいサンの道具hasamiIMG

最後まで読んでいただきありがとうございます!
また6日後に書き込みます!
よろしくお願いします。

Swipへのご予約はこちらから
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://cs.appnt.me/shops/470/reserve
HP はこちら 
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://www.beautiest.jp

銀座美容室Swip(スウィップ)
〒 104-0061
東京都中央区銀座1-15-8 銀座耀ビル2F
TEL   :0355243888
MAIL  info@beautiest.jp