こんにちは!銀座美容室swip(スウィップ)の代表「銀座のだいサン」こと濱崎大一でございます。
ヘイヘイヘーイ「トノ。風に」

皆さんいかがお過ごしですか〜
約1ヶ月振りの登場でございますなぁ〜
ん〜??このブログは7人で回してますからね〜

単純に1週間に一度は回ってこなきゃいかんのだが〜(>人<;)
これも教育か!

又明日からの課題が増えたな〜
先日は「トノ。」が「トノブロ」ですご〜く嬉しい投稿してくれてましたね〜∧( ‘Θ’ )∧

たまたま、このブログの編集していたらポコンとお知らせがきて
私、夜中にこれ読みながら泪、泪でございましたよ。

本人には言わないけどね∧( ‘Θ’ )∧

スタッフからの言葉は良くも悪くも本当にありがたい。

いつもありがとうと言いたい。

まだ読んでない皆様、是非読んでみてくださいね?↓↓↓ (トノブロ」http://s.ameblo.jp/swip-ginza/entry-12082118108.html

は!(´・Д・)」

本題、本題! 忘れるところでした〜(>人<;)
今日はヘアカラーの話…

色に関しましては「パーソナルカラー」などの理論もあったりして、このオフィシャルBlogにて、湧麻くんが何回も投稿してくれているので、まぁそこは良いとして〜
最近のだいサンの考え方なんですがね〜
先ずは楽しむ事!
昨年辺りとか暗めなカラー流行ったりして…

でも、若い子達の中ではパーンと明るいのもあり、それはそれで楽しい〜!!
大体、日本て実は世界の中ではヘアカラーがあまりいけてない国なんだろうなぁ〜

と前々から言われていたし思っていた。
それはまぁ色々理由はあって、単一民族だからとか、島国だからとかね〜 …「和の文化」もこれはこれでとても美しい…
そして、確かに欧米は色々な人種、つまり髪の地色も色々なので、日本みたいに「黒髪、茶髪、金髪」という三拍子にならない!

これを言い方変えると「真面目、チャラ男、不良」ですからね〜
(^◇^)そんなバカなぁ

ナンセンスですね〜
他のアジア諸国だって、こんな狭い了見じゃないね〜
だから、グローバルなヘアカラーのコンテストなどでは、中々日本は苦戦する…

むしろ他のアジア諸国の方が強いくらい…
はて、それは何故かをよ〜く考えてみるのだが〜
まぁ文化に関しては段々日本もグローバル化が進んで時間はかかるかもしれないが何とかなるでしょ〜
僕らが考えなければいけないのは、やはりダメージに関してかなぁと思う。
「ダメージするから…ダメージしてるから…」が理由でヘアカラー含めるヘアーデザインが提案できない場面が多々ある。
そう、日本人て髪が傷むのをとても嫌うのだ…
もちろん外人だって、程度問題だとは思うけど〜
日本人は特にそこを気にする方が多い。
なので、swip(スウィップ)では以前からヘアカラーでのダメージを極力減らす事で全体のバランスとってきたのです。
ここはブレないところ…
どうやってダメージさせないかというと、根元のカラー剤と既に染まっている中間から毛先に着けるカラー剤の種類を変えて塗り分ける訳ですが、これもこの数年間 何度も薬剤メーカーなどを変えてみたりもしている。
swipの基準で、より良いものにドンドン シフトするのだ。

(メーカーさんからは、あまり好かれないけど〜)
やはり、自分達の仕事に責任持ちたいですもんね〜
今、没頭しているのは「ハイトーン」世の中的には「ダークトーンだけどね」それも色んな理由があるので鵜呑みにしないほうが良いかもね…ψ(`∇´)ψ
やはり髪のトーンを明るくする事を否定しては本当にヘアカラーは楽しめない!
明るくしないと出せない色味も沢山あるし〜
是非これからの季節swipの「秋色」から「冬色」のヘアカラー楽しんでみませんか?